Masticore

ガハハヴィンテージおじさんの神ヴィンテージ参加レポ

ガハハガハハ。お久しぶりです、忍者です。

参考ガハハヴィンテージおじさんの神ヴィンテージ参加レポ

私は先日ヴィンテージ神挑戦者決定戦に参加してきました。
結果を先に申しますと、決勝で負けてしまい準優勝でした。

本稿ではデッキ内容と対戦レポートについて書かせていただきました。
かなり詳しく書いてしまったので、少々長いですが最後まで楽しんでいただけたら幸いです。

現在のヴィンテージ環境について

まず初めに最近の大きなヴィンテージに関するニュースとしては、《[card]噴出[/card]》と《[card]ギタクシア派の調査[/card]》が制限入りを果たしました。

噴出ギタクシア派の調査

これはメタゲームの上位に位置するメンターデッキを弱体化する目的で、《[card]僧院の導師[/card]》が出た後に簡単にゲームが終わるのを阻止しています。
(他にもタダで打てるドロソは非常によくないです。)

《[card]噴出[/card]》に関してはこれで3度目の制限入りということで、ヴィンテージのバランスを(ぶっ壊れたところで)調整しているかが分かります。

しかし、この調整により、もう一つの勢力であるMUDに対して強くなるという現象が起きました。

実際、禁止された2枚のカードはMUDに対してはあまり有効な牌ではなく、締め付け戦略をされた後では、土地を戻すことやライフを払うことは致命傷でした。
かわりにアモンケットで新しく手にいれた《[card]力ずく[/card]》や《[card]断片化[/card]》がメインから入ったことにより、MUDに対しての無駄牌が減り、有効に戦いやすくなりました。

力ずく断片化

また、他に追加されたドローソースとしては《商人の巻物/[card]Merchant Scroll[/card]》が見直され、ユーティリティーとしての役割を担っています。

商人の巻物

ここまでの話を総合しますと、メンター側から見た場合は対メンターではお互いに弱体化したことにより相性差は相殺され、対MUDに対してのみ強化されたことが分かります。
ただそれでも、《[card]Mishra’s Workshop[/card]》のマナ生成能力は変わらず脅威であるため、MUD側が(本当にわずかに)有利という状況で、現在はMUDとメンターの2強という環境になってます。

以上が海外含めたヴィンテージ全体の潮流ですが、日本国内に目を向けた場合は少し趣が異なります。

少しローカルな内容になりますので、サイドカードの選択と合わせて解説したいと思います。

デッキとカード選択について

私は(宗教上の理由により)オースデッキを選択しました。

参考ヴィンテージ環境のドルイドの誓いデッキについて

ドルイドの誓い

オースはメタ上位の2種に対して有効なデッキです。
MUDは基本的にビートダウンであるため、クリーチャーの展開を抑制することで有利に戦えます。
同様にメンターについてもメインの勝ち手段は《[card]僧院の導師[/card]》ですので、有利に戦うことができます。

なお、私が使用したデッキは《Punishing Oath》と呼ばれるタイプで、《[card]罰する火[/card]》を使い倒す構成になっています。

罰する火

以下で、カードごとの採用理由と共にデッキリストをご紹介します。

Deck Name :《Cacel,God of Topdeck》

Main Deck(60)

Land (18)

4《[card]禁忌の果樹園[/card]/[card]Forbidden Orchard[/card]》

禁忌の果樹園

果樹園はオースとの2枚コンボになりますので、3枚にした構成もありますが私は4枚採用派です。

2《[card]燃え柳の木立ち[/card]/[card]Grove of the Burnwillows[/card]》

罰する火

《[card]罰する火[/card]》とのコンボで、タフネス2以下のクリーチャーを封殺し、苦手なプレインズウォーカーにも対処できます。

1《[card]Library of Alexandria[/card]》

Library of Alexandria

オースミラーなどのコントロールに対して非常に強力なため、出来れば取りたいカードです。

1《露天鉱床/[card]Strip Mine[/card]》

露天鉱床

困った土地はヴィンテージ環境にも沢山あるので、無色しか出ませんが、出来れば取りたいカードです。

4《[card]沸騰する小湖[/card]/[card]Scalding Tarn[/card]》
1《[card]冠雪の島[/card]/[card]Snow-Covered Island[/card]》
2《[card]Tropical Island[/card]》
3《[card]Volcanic Island[/card]》
《[card]罰する火[/card]》を繰り返し打つため、マナベースは青赤よりになっています。

Creature(2)

1《[card]引き裂かれし永劫、エムラクール[/card]/[card]Emrakul, the Aeons Torn[/card]》
1《[card]グリセルブランド[/card]/[card]Griselbrand[/card]》

引き裂かれし永劫、エムラクールグリセルブランド

それぞれ得意な相手と苦手な相手がいるため2種類の採用です。
エムラクールは自身のライブラリー修復の意味でも取っています。

Spell(40)

4《[card]ドルイドの誓い[/card]/[card]Oath of Druids[/card]》

ドルイドの誓い

デッキのキーカードで、2マナで強力なクリーチャーを出せます。
解決するとだいたいのゲームが終わるように構成しています。

2《[card]罰する火[/card]/[card]Punishing Fire[/card]》
1《[card]壌土からの生命[/card]/[card]Life from the Loam[/card]》

罰する火

このデッキの潤滑材であり、アドバンテージ源です。
前述のように盤面に対するアドバンテージを確保しつつ、
《[card]ダク・フェイデン[/card]》と合わせてハンドアドバンテージも得ることができます。
ただ、早い環境では回転の遅さを感じるので、ストームなどのコンボが増えた場合は別のデッキを使用したほうが良いです。

1《[card]Ancestral Recall[/card]》
1《[card]渦まく知識[/card]/[card]Brainstorm[/card]》
1《[card]思案[/card]/[card]Ponder[/card]》
4《[card]定業[/card]/[card]Preordain[/card]》

定番の1マナドローソースです。
《[card]ギタクシア派の調査[/card]》も強力ですが、ハンドに加えたくないカードもあるので定業を優先しています。

1《[card]宝船の巡航[/card]/[card]Treasure Cruise[/card]》
1《[card]時を越えた探索[/card]/[card]Dig Through Time[/card]》

どちらも強力なドローソースで長期戦に強くするために入れています。
(まあ適当に入れても強いです。)

4《[card]精神的つまづき[/card]/[card]Mental Misstep[/card]》
4《[card]意志の力[/card]/[card]Force of Will[/card]》
1《[card]イゼットの魔除け[/card]/[card]Izzet Charm[/card]》
1《[card]Mana Drain[/card]》

定番のカウンター2種と追加のカウンターです。
《[card]イゼットの魔除け[/card]》は器用貧乏と評されるカードですが、不要牌の詰まったこのデッキでは非常に重宝します。

1《[card]実物提示教育[/card]/[card]Show and Tell[/card]》

とても懐き度の高いクリーチャー達なので入れておいて困ることはありません。

1《[card]Time Walk[/card]》

オースの解決には1ターン待つ必要があるため、その隙を無くしてくれる最高のカードです。
重いデッキなので《[card]探検[/card]》のように使うことも多々あります。

1《ドラゴンの息/[card]Dragon Breath[/card]》

大抵のリストでは抜けてしまっていますが、
《[card]Time Walk[/card]》としての役割を果たしてくれるので、できれば入れておきたいカードです。

3《[card]ダク・フェイデン[/card]/[card]Dack Fayden[/card]》
2《[card]精神を刻む者、ジェイス[/card]/[card]Jace, the Mind Sculptor[/card]》

ダク・フェイデン精神を刻む者、ジェイス

強力なプレインズウォーカー2種です。
ダクは《[card]罰する火[/card]》や《[card]壌土からの生命[/card]》と合わせてアドバンテージを確保するだけでなく、
エムラクールを捨ててライブラリーを修復する役割も持っています。

1《[card]Black Lotus[/card]》
1《[card]Mox Emerald[/card]》
1《[card]Mox Jet[/card]》
1《[card]Mox Pearl[/card]》
1《[card]Mox Ruby[/card]》
1《[card]Mox Sapphire[/card]》
重めのカードが多いことと、「オース+果樹園+モックス」で1ターン目に置けるように全てのモックスを採用しています。

Sideboard(15)

1《[card]嵐の神、ケラノス[/card]/[card]Keranos, God of Storms[/card]》
1《剃刀毛のマスティコア/[card]Razormane Masticore[/card]》

嵐の神、ケラノス剃刀毛のマスティコア

国内のメタゲームですが、Tier1の2種に次いでオースと白エルドラージが多いという傾向があります。

参考ヴィンテージ環境のエルドラージヘイトベアーについて

そのための対策として、2種類のクリーチャーを採用しました。

[card]嵐の神、ケラノス[/card]は《[card]封じ込める僧侶[/card]》下でもオースで戦場に出すことができます。

封じ込める僧侶

また、オースミラーでも対処が非常に難しいアドバンテージ源として活躍してくれます。
剃刀毛のマスティコア/[card]Razormane Masticore[/card]は《[card]現実を砕くもの[/card]》を一方的に止められる上に、《[card]変位エルドラージ[/card]》やサリア2種を能力により除去することができます。
どちらのカードも最近の白いデッキで採用の多い《[card]断片化[/card]》で対処されません。

2《[card]古えの遺恨[/card]/[card]Ancient Grudge[/card]》
1《[card]自然の要求[/card]/[card]Nature’s Claim[/card]》

一般的なアーティファクト破壊カードです。
基本はMUD用の対策ですが、《[card]逆説的な結果[/card]》に対しても戻すカードを減らすことで機能不全にすることができます。
苦手なエンチャントは環境に少ないため、《[card]自然の要求[/card]》は1枚にしています。

2《[card]狼狽の嵐[/card]/[card]Flusterstorm[/card]》
2《[card]紅蓮破[/card]/[card]Pyroblast[/card]》

青いデッキ用のサイドカードです。
ダク奥義と合わせて使用することもあるため、《赤霊破/[card]Red Elemental Blast[/card]》よりも《[card]紅蓮破[/card]》の方を採用しています。

4《[card]トーモッドの墓所[/card]/[card]Tormod’s Crypt[/card]》

ドレッジ対策としては少ないですが、4枚採用しています。
最近のドレッジは《[card]精神的つまづき[/card]》を採用しているリストが多いので、
1マナの墓地対策カードよりは0マナのカードの方がよいです。

1《[card]冠雪の山[/card]/[card]Snow-Covered Mountain[/card]》
1《セファリッドの円形競技場/[card]Cephalid Coliseum[/card]》

追加の土地兼オースを抜いた時の入れ替え用土地です。
山は[card]不毛の大地[/card]対策で、MUDや白エルドラージに対して入れます。
セファリッドの円形競技場ですが、「青マナが出る、アンタップイン、何か有用な能力を持つ」という条件を満たすカードが他になかったため入れました。
一応、《[card]壌土からの生命[/card]》で使いまわすことも可能ですが、他に使える土地があれば入れ替えたい枠です。

以上が私のデッキとカードの選択理由です。私のメタ読みが当たっていたかどうかは、次項の対戦レポートで答え合わせをしていきます。

神挑戦者決定戦レポート

72人のスイスドロー7回戦+TOP8シングルエリミネーションで行われました。

R1 BUGオース 〇〇

《修繕/[card]Tinker[/card]》から《[card]墨溜まりのリバイアサン[/card]》が出てしまいましたが、《[card]グリセルブランド[/card]》で殴り合いを制することができました。

R2 ジェスカイメンター 〇〇

2ゲームともオースを解決することができ、2ゲーム目については目論見通りケラノスが活躍して勝利することができました。

R3 MUD(タカハシユウタプロ)〇×○

1ゲーム目は相手の事故により勝ち、3ゲーム目は先手1ターン目の《[card]ダク・フェイデン[/card]》により勝ちを拾うことができました。

R4 グリクシス双子 ○○

《[card]罰する火[/card]》により相手のクリーチャーを裁き切って勝つことができました。

R5 墓荒らし ××

2ゲームともオース設置まではいけましたが、1ゲーム目は《[card]突然の衰微[/card]》で対処され、2ゲーム目は《[card]墓掘りの檻[/card]》により対処されてしまいました。

R6 ジェスカイメンター 〇×○

2ターン目に出たメンターを対処できず押し切られてしまいました。
それ以外のゲームはプレインズウォーカー2種のアドバンテージで押し切っています。

R7 テゼレッター ID

5-1-1の4位でシングルエリミへ進出しました。

準々決勝 MUD 〇〇

1ゲーム目は《[card]ダク・フェイデン[/card]》2連打により盤面を有利に持っていき、オースからエムラクールが走って勝ちました。

2ゲーム目はロングゲームに持ち込み、相手のマナソースを枯らしてからオースを解決して勝利しました。

準決勝 ショーテル 〇〇

1ゲーム目は《[card]イゼットの魔除け[/card]》で偶然《[card]グリセルブランド[/card]》を引けたため、《[card]実物提示教育[/card]》に合わせて出すことができました。

2ゲーム目は《[card]魔力の墓所[/card]》により15点ほど削れていため、《[card]罰する火[/card]》により勝利できました。

決勝 テゼレッター ×○×

参考決勝: 高橋 研太(長野) vs. 倉田 由彦(神奈川)

1ゲーム目は《[card]逆説的な結果[/card]》からの大量ドローを止められずに毒殺されました。

2ゲーム目はカウンターと《[card]古えの遺恨[/card]》により長期戦に持ち込み、プレインズウォーカーで勝利しました。

3ゲーム目はカウンターと《[card]古えの遺恨[/card]》で対処はしたものの、最後は《修繕/[card]Tinker[/card]》が通ってしまい、《[card]荒廃鋼の巨像[/card]》により負けました。

結果としては、私の予想していた以外のデッキも多く、色々な対戦を楽しむことができました。

TOP8を見てもメンターはいない状況になっているので、他の参加者の方も十分な対策をとって参加していたことが分かります。
デッキは想定していた通りの動きをしてくれたこともあり、メタ外のデッキが多かったものの、準優勝という結果を残すことができました。

おわりに

私の文章は楽しんでいただけたでしょうか?
読みにくい部分もあったかと思いますが、何かご質問等あれば私のDNまでお気軽にご連絡ください。

また、ここまで読んで下さった皆さんはヴィンテージにご興味があると思いますので、
もしプレイされていない方がいれば、実際にプレイしてみることをお勧めします。
敷居の高いイメージのヴィンテージですが、楽しさの対価は十分にあることを保証します。
もし、お探しのカードがあればカードショップはま屋で探してみて下さいね。

最後になりますが、主催の晴れる屋さん、参加者の皆さんお疲れ様でした。
そして、カセルに感謝。

カードゲーム通信販売「はま屋.net」《PR》

カードゲーム通信販売「はま屋.net」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です