Aetherworks_Marvel

やまだくんのPPTQ突破レポート

お世話になります。MAG店長の山田です。

カードゲームショップMAG

長野県飯田市鼎名古熊2104-7 ローズアネックス2階203号

今回はプロツアー『イクサラン』予備予選inはま屋松本店のレポートになります。

デッキの選択理由

使用デッキはティムールマーベル、いわゆる、霊気池の驚異デッキです。

霊気池の驚異

月曜日に禁止カード予定の霊気池の驚異デッキを回せる最後の週末。
実は私は、霊気池の驚異デッキを競技イベントで一度も使用したことがありませんでした。

禁止カードになるほどのカードをイベントで回すチャンスを逃したくなかったため、最新のレシピを調べ、フライデーナイトマジックで使用して決めることに。
レシピはこちら。

ヤマダヨウスケ
Main Deck(60 cards)
4 ならず者の精製屋/Rogue Refiner [商品検索]
4 絶え間ない飢餓、ウラモグ/Ulamog, the Ceaseless Hunger [商品検索]
2 炎呼び、チャンドラ/Chandra, Flamecaller [商品検索]
4 霊気との調和/Attune with Aether [商品検索]
3 検閲/Censor [商品検索]
3 造反者の解放/Dissenter’s Deliverance [商品検索]
4 蓄霊稲妻/Harnessed Lightning [商品検索]
1 否認/Negate [商品検索]
4 天才の片鱗/Glimmer of Genius [商品検索]
4 織木師の組細工/Woodweaver’s Puzzleknot [商品検索]
4 霊気池の驚異/Aetherworks Marvel [商品検索]
4 霊気拠点/Aether Hub [商品検索]
3 植物の聖域/Botanical Sanctum [商品検索]
2 燃えがらの林間地/Cinder Glade [商品検索]
5 /Forest [商品検索]
1 /Island [商品検索]
1 伐採地の滝/Lumbering Falls [商品検索]
1 /Mountain [商品検索]
2 見捨てられた神々の神殿/Shrine of the Forsaken Gods [商品検索]
4 尖塔断の運河/Spirebluff Canal [商品検索]
Sideboad (15 cards)
1 見捨てられた神々の神殿/Shrine of the Forsaken Gods [商品検索]
2 払拭/Dispel [商品検索]
3 霊気溶融/Aether Meltdown [商品検索]
1 否認/Negate [商品検索]
2 光輝の炎/Radiant Flames [商品検索]
3 不屈の追跡者/Tireless Tracker [商品検索]
1 慮外な押収/Confiscation Coup [商品検索]
2 ウルヴェンワルドのハイドラ/Ulvenwald Hydra [商品検索]

霊気池なんて4ターン目に絶え間ない飢餓、ウラモグめくれるかだけでしょ。これは前日までのイメージでした。

実際に回してみると、このデッキは、霊気池の驚異一発狙いだけでなく、霊気池の驚異をアドバンテージ源としたコントロールデッキとして構築されており、中盤から終盤にかけて非常に強力なデッキでした。

また、序盤戦においても、蓄霊稲妻に加え、ライフゲイン手段である織木師の組細工がデッキコンセプトに沿って自然に採用できていたため、非常に好感が持てました。

蓄霊稲妻織木師の組細工

見捨てられた神々の神殿の採用、探す手段である天才の片鱗の採用など、絶え間ない飢餓、ウラモグを通常プレイもきちんと勝ち筋に入っていて、引いた絶え間ない飢餓、ウラモグが死に札になっていないのもポイントでした。

絶え間ない飢餓、ウラモグ

そのまま使用することに。

PPTQレポート

参加者14人の確定5回戦、ベスト4によるシングルエリミネーション。

R1 〇〇 白黒ゾンビ

1本目

織木師の組細工から霊気池の驚異絶え間ない飢餓、ウラモグプレイで勝ち。幸先の良いスタート。
織木師の組細工蓄霊稲妻により、メインボードでも比較的ビート耐性はありますね。

サイドアウト
織木師の組細工
造反者の解放
検閲
サイドイン
不屈の追跡者
光輝の炎
霊気溶融

2本目

霊気池の驚異から絶え間ない飢餓、ウラモグ絶え間ない飢餓、ウラモグは処理されるも、不屈の追跡者でアドバンテージを広げ、除去を打ちつつ勝ち。

R2 〇×〇 ティムール霊気池

1本目

お互い織木師の組細工スタートで自己紹介後、検閲否認などをケアしたロングゲームに。絶え間ない飢餓、ウラモグをプレイして勝ち。

サイドアウト
織木師の組細工
造反者の解放
霊気池の驚異
サイドイン
不屈の追跡者
ウルヴェンワルドのハイドラ
光輝の炎
否認
見捨てられた神々の神殿

2本目

序盤からつむじ風の巨匠に面で押されてしまい、不屈の追跡者ウルヴェンワルドのハイドラに睨まれ負け。

自分がつむじ風の巨匠とってない分自分の都合で動きすぎました。

つむじ風の巨匠

3本目

ロングゲーム。絶え間ない飢餓、ウラモグをプレイ、霊気池の驚異からの絶え間ない飢餓、ウラモグで返され、絶え間ない飢餓、ウラモグを出し返し霊気池の驚異絶え間ない飢餓、ウラモグを追放、出し返された絶え間ない飢餓、ウラモグ検閲でカウンターし、トップ勝負でウルヴェンワルドのハイドラを出して勝ち。接戦でした。

R3 〇〇 白青フラッシュ

1本目

スレイベンの検査官無私の霊魂のクロックを織木師の組細工で誤魔化しながら、10マナから絶え間ない飢餓、ウラモグを連打して勝ち。

サイドアウト
織木師の組細工
造反者の解放
霊気池の驚異
サイドイン
不屈の追跡者
ウルヴェンワルドのハイドラ
光輝の炎
否認
見捨てられた神々の神殿

2本目

不屈の追跡者でアドバンテージを稼ぎ、10マナから絶え間ない飢餓、ウラモグプレイで勝ち。

R4 ×〇× グリクシス即席

1本目 序盤からクロックが刻まれていき、トークンに面で押されて負け。
金属の叱責の存在のため、クロックパーミッションされるとメインボードはきついですね。
面を咎めれるカードが炎呼び、チャンドラと大振りなので、ゾンビよりも戦いにくかったです。

炎呼び、チャンドラ

サイドアウト
織木師の組細工
検閲
霊気池の驚異
サイドイン
不屈の追跡者
ウルヴェンワルドのハイドラ
光輝の炎
見捨てられた神々の神殿

2本目

ハンデスからのテゼレットの手法で攻められるも、除去から炎呼び、チャンドラ絶え間ない飢餓、ウラモグが間に合って勝ち。

3本目

金属の叱責をケアしようと炎呼び、チャンドラよりウルヴェンワルドのハイドラを優先して、無許可の分解を受けて負け。

R5

スタンディング2位の状態で対戦相手の方にIDを申し込まれたため、先攻が絶対欲しいデッキでもないのでID。

4位通過。

SR1 ×〇〇 グリクシス即席

1本目

テゼレットの手法が止まらず削られすぎて負け。

サイドアウト
織木師の組細工
検閲
霊気池の驚異
サイドイン
不屈の追跡者
ウルヴェンワルドのハイドラ
光輝の炎
見捨てられた神々の神殿

2本目

トークンの群れに炎呼び、チャンドラが間に合い勝ち。

3本目

即席用アーティファクトに造反者の解放撃つスタートで、相手の土地が伸び悩み、ロングゲームになって炎呼び、チャンドラで勝ち。

SR2

相手の方がRPTQに行かないということで、譲ってくれました。

PPTQ突破です!

霊気池の驚異デッキはデッキ全体のパワーが高く、回していて気持ちよかったですね。
コントロールしながら土地を伸ばし、絶え間ない飢餓、ウラモグを10マナで唱えることも多く、それが可能なデッキであったことも強力だったところですね。

サイドボードに採用されているウルヴェンワルドのハイドラは、6マナでキャスト、見捨てられた神々の神殿をサーチ、次のターンに見捨てられた神々の神殿を手札からセットすると、ちょうど10マナで絶え間ない飢餓、ウラモグキャスト、という動きができるのが強力でした。

ウルヴェンワルドのハイドラ

単純にサイズも大きく、絶え間ない飢餓、ウラモグで10点、ウルヴェンワルドのハイドラで10点、で決まるゲームもあるくらいでした。

白青フラッシュ相手にも、否認払拭構えの相手にプレイすることができ、到達のおかげで全てのクリーチャーを止めることができます。
非常にデッキに合った良いカードでした。

霊気池の驚異が禁止になった後も、絶え間ない飢餓、ウラモグをキャストする方法として覚えておいて良いと思います。

最後に

霊気池の驚異の禁止により環境も新しくなり、破滅の刻の発売もすぐそこです。
スタンダードショーダウンなどのイベントもあるので、スタンダードもどんどん盛り上がっていくことでしょう。
一番広いカードプールのスタンダードで行われるRPTQが、今から楽しみです。アルバカーキ目指して頑張ります!

以上、山田でした!ありがとうございました!

この記事を書いた人

やまだくん

南信のTCGショップMAG店長。競技イベントに遠征するため、土曜日はお店にいないことも多い。

ブログ[のんびりとMTGブログ]

TCGショップMAG

Twitter[TCGショップ MAG]

ブログ[TCGショップMAG ダイアリーノート出張所]

カードゲーム通信販売「はま屋.net」《PR》

カードゲーム通信販売「はま屋.net」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です