双子

ヴィンテージ環境の赤青双子について

第42回ヴィンテージ環境の赤青双子について

ご無沙汰しています。はま屋ヴィンテージの記事を担当しているオサです。

突然ですが、MTGに存在する様々なフォーマットの中で、どれが一番お好みでしょうか。

私の場合は、構築フォーマットで何が好きかと聞かれたら、ヴィンテージはもちろん好きですが、同じくらい好きなフォーマットであるモダンと答えるかもしれません。

私は少し前までモダンに一生懸命取り組んでいましたが、その頃に必ず意識していたアーキタイプの一つが赤青双子というコンボデッキでした。

参考モダンへの誘い 欠片の双子

モダン環境を考える上では、必ず意識するほどの強力なアーキタイプでしたが、現在は双子コンボの重要なパーツである欠片の双子が禁止になって、モダン環境から姿を消しています。

欠片の双子

今回は、そんなモダン環境からお役御免を言い渡された双子コンボをヴィンテージ環境に適応させたデッキについて見ていこうと思います。

はま屋ヴィンテージの記事、第42回は赤青双子について取り上げます。
どうぞお付き合いください。

ヴィンテージ環境の赤青双子とは?

詐欺師の総督やっかい児に代表される、戦場に出た時にパーマネントをタップもしくはアンタップする能力を持つクリーチャーに、欠片の双子を付けて能力を起動し、速攻を持つ自身のコピートークンを出し、その能力で自分自身をアンタップして、またコピートークンを出し、その能力で…… と繰り返すことにより無限トークンを生み出して、それらで攻撃して勝利するというコンボが双子コンボです。

詐欺師の総督やっかい児

モダン環境で禁止になるほどの実力を備えたコンボはヴィンテージ環境ではどのような構築になるのか、まずはサンプルのレシピを見てみましょう。

サンプルデッキ

赤青双子
Main Deck(60 cards)
1 ヴリンの神童、ジェイス [商品検索]
4 詐欺師の総督 [商品検索]
1 瞬唱の魔道士 [商品検索]
1 Black Lotus [商品検索]
1 魔力の墓所 [商品検索]
1 Mox Ruby [商品検索]
1 Mox Sapphire [商品検索]
1 Ancestral Recall [商品検索]
1 渦まく知識 [商品検索]
1 払拭 [商品検索]
1 狼狽の嵐 [商品検索]
3 稲妻 [商品検索]
3 精神的つまづき [商品検索]
1 思案 [商品検索]
3 定業 [商品検索]
1 太陽の指輪 [商品検索]
1 ハーキルの召還術 [商品検索]
1 衝動 [商品検索]
1 Time Walk [商品検索]
2 ダク・フェイデン [商品検索]
4 欠片の双子 [商品検索]
4 意志の力 [商品検索]
4 噴出 [商品検索]
2 誤った指図 [商品検索]
1 時を越えた探索 [商品検索]
1 宝船の巡航 [商品検索]
3 [商品検索]
1 [商品検索]
3 汚染された三角州 [商品検索]
3 沸騰する小湖 [商品検索]
4 Volcanic Island [商品検索]
Sideboad (15 cards)
3 墓掘りの檻 [商品検索]
2 紅蓮破 [商品検索]
1 残響する真実 [商品検索]
1 ハーキルの召還術 [商品検索]
2 硫黄の精霊 [商品検索]
3 貪欲な罠 [商品検索]
3 鋳塊かじり [商品検索]

ヴィンテージで定番の強力なカード群の中に詐欺師の総督欠片の双子の各4枚採用が一際目立ちますね。

この2枚コンボと脇を固める呪文達の関係性はどうなっているのか、次項から詳しく見ていきましょう。

ヴィンテージ環境の赤青双子のメインボード

勝ち手段が詐欺師の総督欠片の双子による2枚コンボであるこのデッキでは、主にドロー呪文でこの2枚にアクセスすることが求められます。

誤った指図が2枚採用されていますが、これは詐欺師の総督欠片の双子をエンチャントする際にプレイされるであろう除去から守るために採用されています。

誤った指図

否定の契約でも良いと思いますが、突然の衰微を見ての判断でしょう。

詐欺師の総督以外のクリーチャーはヴリンの神童、ジェイス瞬唱の魔道士がそれぞれ1枚ずつ採用されています。

ヴリンの神童、ジェイス瞬唱の魔道士

また、噴出が4枚採用されていることに注目して欲しいのですが、今回のデッキはBlack Lotusは当然として、Moxは2種類と魔力の墓所太陽の指輪だけの採用でアーティファクトによるマナ加速は十分に期待できます。
しかし、実際に試したところ4枚目の土地を安定して置けないケースが多くありました。そして、その中で安定的に4マナ目を供給する助けになる呪文が噴出でした。

3枚目の土地を出して、対戦相手のターン終了時に詐欺師の総督を戦場に出した次の自分のターンで、カードを引き増しながら4マナ目の土地を供給してくれるので非常に使いやすかったです。

そして、このデッキはモダンの時と同様に、あまりメインでアクションを取るデッキではありません。
基本的に相手の動きに応じて隙を伺い、対戦相手のターン終了時に詐欺師の総督を戦場に出して、自分のターンでカウンターや誤った指図を手札に抱えた状態で欠片の双子をエンチャントし、一撃で試合を決めます。

欠片の双子の赤のダブルシンボルは気になりますが、個人的には2色で構築してあるので問題ないと思いますし、追加で露天鉱床/Strip MineLibrary of Alexandriaを試してみても面白そうです。

ヴィンテージ環境の赤青双子のサイドボード

墓掘りの檻

墓掘りの檻

定番の墓地対策兼オース対策ですね。

紅蓮破

紅蓮破

青絡みのデッキはカウンターで対抗してきますからこちらもこれを採用してカウンターを水増ししましょう。

残響する真実

残響する真実

汎用性の高いバウンス呪文です。

ハーキルの召還術

ハーキルの召還術

定番のアーティファクト対策ですね。ドロー呪文で試合を組み立てるデッキなので、アメジストのとげや抵抗の宝球/Sphere of Resistanceに対処する手段はぜひ採用しておきたいです。

硫黄の精霊

硫黄の精霊

僧院の導師対策ですね。瞬速持ちなところがこのデッキのコンセプトと合致していて良いです。

貪欲な罠

定番の墓地対策ですね。墓掘りの檻と合わせて6枚あれば安心ですね。

鋳塊かじり

鋳塊かじり

アーティファクト対策です。メインボードにを採用しているのでサイドインしやすくなっています。

ヴィンテージ環境の赤青双子の強み

このデッキの強みは何といっても双子コンボです。

僧院の導師やストームのように呪文を積み重ねる必要もありませんし、グリセルオースのように数ターンに渡ってグリセルブランドをカウンターで守る必要もありません。

召喚酔いの解けた詐欺師の総督欠片の双子をエンチャントして能力を起動すれば、後は無限トークンが生成されるので非常に簡単に勝つことが可能です。

加えて詐欺師の総督は瞬速持ちですからコンボ完成までに隙が生まれないことも強みですね。
隙が生まれないということは、3マナないし4マナが出る状態ならば、いつコンボが成立してもおかしくないわけですから、対戦相手にしてみると動きづらくなって非常にやっかいです。

青絡みのデッキであれば意志の力を意識させることができますが、そうでなければ、何らかの除去を構えている体で動くので土地やMoxen等をフルタップできなくなります。

こういった瞬殺コンボ独特の圧力がこのデッキの強みと言えるでしょう。

ヴィンテージ環境の赤青双子の弱み

弱みを一言で表現するならば、欠片の双子が若干重いことです。

加えて、双子コンボは一撃で決まるコンボで非常に強力なのですが、逆にこのコンボが決まらなければクロックも細いですし、他の勝ち手段がありません。この点は弱みとなります。

そして、詐欺師の総督はタフネス4なので稲妻に対して耐性があることが強みなのですが、最近のヴィンテージ環境では強力なクリーチャーデッキが多数存在しています。
その結果、そういったクリーチャーの対処手段が採用されていますから、相対的に詐欺師の総督もまた対処されやすくなっています。

また、勝ち手段がトークンを伴うことから、僧院の導師対策に採用した集団疾病や仕組まれた疫病/Engineered Plague等によって完封されてしまう点も難点です。

集団疾病仕組まれた疫病

コンボパーツにアクセスしやすい様に黒を足してDemonic Tutor吸血の教示者を採用したり、Time Vault+通電式キーのコンボを採用したり、僧院の導師を採用して勝ち手段を増やすことを検討しても良いかもしれません。

まとめ

今回はヴィンテージ環境の赤青双子について取り上げてきました。いかがでしたでしょうか。

モダン環境では欠片の双子が禁止されるまでTier1に君臨したコンボですが、その強さはヴィンテージ環境においても十分通じるようです。

欠片の双子が禁止になってからストレージの奥深くに眠っている方も多いと思いますので、ぜひ一度ヴィンテージ環境の双子を試してみて下さいね。
また、デッキを組む上で足りないカードがございましたら、はま屋でぜひ探してみて下さい。
それではまた次回、はま屋.NETのどこかでお会いしましょう。オサでした。

この記事を書いた人

小林(オサ)

北信地方の古参プレイヤー。本名で呼ばれることは少なく、長野勢からは”オサ”と呼ばれている。
大会よりFOILカードを集めることに執念を燃やしており、その圧倒的なFOIL資産と練習しない量は長野でもトップクラス。
ブログ「オサ日記

カードゲーム通信販売「はま屋.net」《PR》

カードゲーム通信販売「はま屋.net」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です