精神を刻む者、ジェイス

【ヴィンテージ】ヴィンテージ環境のジェイスコントロールについて

ヴィンテージ環境のジェイスコントロールについて

第1回ヴィンテージ環境の秘密を掘り下げる者デッキについて

第2回ヴィンテージ環境のドルイドの誓いデッキについて

第3回ヴィンテージ環境のカルドーサMUDについて

第4回ヴィンテージ環境のドレッジについて

第5回ヴィンテージ環境の黒緑ハンデスについて

第6回ヴィンテージ環境の白単ウィニーについて

第8回 ヴィンテージ環境のターボテゼレットについて

初めての方はどうも初めまして、そうでない方はまたまたまたお会いしましたね。オサです。
これまで6回にわたり、ここで取り上げたデッキについては、全て実際に紹介するデッキを使用してから記事を書いています。
それは、ただの一般的なデッキ解説ではなくて、実際の使用感を元にした内容にしたいという私なりのポリシーです。
そして、その実戦経験由来のレパートリーも前回までで尽きてしまいました(!?)ので、今回の記事を書くにあたって、いよいよ新しくデッキを作成することになりました。
前回、第6回で紹介した白単ウィニーはパワー9を対策したデッキでしたが、今回は逆にパワー9をふんだんに使用した、これぞヴィンテージ!といったデッキを取り上げてみようと思います。
というわけで、ヴィンテージの記事の第7回はヴィンテージを代表するデッキの一つである、ジェイスコントロールについて取り上げてみたいと思います。

ヴィンテージ環境のジェイスコントロールとは?

唐突ですが、まず「ヴィンテージのデッキ」と聞くと、どのようなイメージを持たれるでしょうか。
私の場合、まだヴィンテージについての知識が無かった頃は「パワー9とか制限カードがたくさん詰め込まれた1枚積みが多いデッキ」というイメージを持っていました。
パワー9をはじめとした1枚に制限されているカードは、その名の通り制限しなければならないほどに強力です。
最近ですと、モダンやレガシーで禁止になった宝船の巡航、これはヴィンテージでも相変わらずの強力さ故に制限カードとなりました。
単純に制限カードの多いレシピはそれだけ強力なカードが使用されているという証でもあります。
そして、その1枚積み満載のコントロールデッキの代表格がジェイスコントロールと呼ばれるアーキタイプです。
制限カードが如何に強いかの説明はこれくらいにして、まずはジェイスコントロールのサンプルレシピを見てみましょう。

精神を刻む者、ジェイス

サンプルデッキ

サンプルデッキ「ジェイスコントロール」
Main Deck(60 cards)
2 瞬唱の魔道士 [商品検索]
4 闇の腹心 [商品検索]
1 荒廃鋼の巨像 [商品検索]
1 Ancestral Recall [商品検索]
1 渦まく知識 [商品検索]
1 神秘の教示者/Mystical Tutor [商品検索]
1 吸血の教示者/Vampiric Tutor [商品検索]
1 ハーキルの召還術 [商品検索]
1 けちな贈り物 [商品検索]
2 Mana Drain [商品検索]
2 呪文貫き [商品検索]
2 精神的つまづき [商品検索]
3 稲妻 [商品検索]
4 Force of Will [商品検索]
1 Time Walk [商品検索]
1 商人の巻物/Merchant Scroll [商品検索]
1 Demonic Tutor [商品検索]
1 修繕/Tinker [商品検索]
1 ヨーグモスの意志/Yawgmoth’s Will [商品検索]
1 Black Lotus [商品検索]
1 Mox Emerald [商品検索]
1 Mox Ruby [商品検索]
1 Mox Jet [商品検索]
1 Mox Pearl [商品検索]
1 Mox Sapphire [商品検索]
1 Mana Crypt [商品検索]
1 太陽の指輪 [商品検索]
1 通電式キー [商品検索]
1 Time Vault [商品検索]
3 精神を刻む者、ジェイス [商品検索]
4 汚染された三角州 [商品検索]
3 沸騰する小湖 [商品検索]
2 Volcanic Island [商品検索]
3 Underground Sea [商品検索]
1 Library of Alexandria [商品検索]
1 トレイリアのアカデミー/Tolarian Academy [商品検索]
1 [商品検索]
1 [商品検索]
Sideboad (15 cards)
1 ダク・フェイデン [商品検索]
4 墓掘りの檻 [商品検索]
4 鋳塊かじり [商品検索]
1 [商品検索]
1 露天鉱床/Strip Mine [商品検索]
1 毒の濁流 [商品検索]
3 イクスリッドの看守 [商品検索]

これが固定なレシピというわけではなく、使用するプレイヤーの好みやメタゲームによって構造が全く違うので、精神を刻む者、ジェイスが採用されているコントロールデッキをジェイスコントロールと総称しています。
また、ジェイスコントロールの中でTime Vault通電式キーの無限ターンコンボを採用しているものについては、バルトコントロールとも呼ばれています。
1枚積みされた強力なカードが満載で、これぞヴィンテージといった印象を受けるデッキです。

ヴィンテージ環境のジェイスコントロールのメインボード

今回のサンプルはグリクシスカラーですが、突然の衰微三角エイの捕食者を採用したスゥルタイカラーのジェイスコントロールもあります。
アーティファクトをメインから対策したい場合には、赤ではなく緑を足すことをお勧めします。
ただ、共通して青黒系のデッキになるのは、カウンターが使用出来ることに加え、やはり強力な制限カードが青と黒に集中しているからでしょう。
1枚制限でもないのに1枚採用されているカードは、サーチスペルによってカウントが水増しされた結果、1枚が妥当な枚数として採用されています。
それにしても、デッキリストに1枚カードがこれだけ多いと混乱してしまいそうですね。
そんな時は、SoloMoxen(太陽の指輪Black LotusとMox5種を合わせた略称です)とMana Cryptはマナソースとして捉えて、他のカードの役割をそれぞれ大雑把に整理すると、リソース、サーチ、カウンター、除去、フィニッシュ、それぞれ綺麗に分類できます。

こうしてみると、リソースとサーチスペルでアドバンテージを稼いで、カウンターと除去で身を守り、フィニッシュ手段のいずれかで勝つ・・・詰まる所、やっていることは普通のコントロールデッキと同じです。
ジェイスの分類が間違っている気がしますが、ジェイスの役割は多岐に渡り、このデッキの核ですから、あえてフィニッシュ枠に分類しました。

ヴィンテージ環境のジェイスコントロールのサイドボード

  • ダク・フェイデン…MUD相手のキラーカード。メインボードに入れても良いです。
  • 墓掘りの檻…オース、ドレッジ系のデッキ相手に。カルドーサMUD相手にもサイドインします。
  • 鋳塊かじり…主にMUD相手です。赤マナを出すことに苦慮するので必ずも一緒に入れましょう。
  • 露天鉱床/Strip MineMishra’s WorkshopBazaar of Baghdad等の必ず対処したい土地を見た場合にサイドインしましょう。
  • 毒の濁流…クリーチャーデッキ相手に必須です。
  • イクスリッドの看守…ドレッジ系のデッキ相手に入れます。檻は対処出来ますが、看守はクリーチャーなので対処が難しいためオススメです。

その時のメタゲームによって、ダク・フェイデン毒の濁流の枚数は増減すると思いますが、墓地対策は7~8枚は常に欲しいところです。

ヴィンテージ環境のジェイスコントロールの強み

ジェイスコントロールの強みはパワーカードをカウンターでバックアップしたパワープレイであることは言うまでもありませんが、勝ち手段が複数にあって絞らせないところにあります。
今回のサンプルデッキの勝ち手段は主に4つあります。
1つ目の勝ち手段は、荒廃鋼の巨像で殴り勝つことです。速やかに修繕/Tinkerからサーチして戦場に出します。
ブロッククリーチャーがいなければ1回の攻撃で勝利できますし、2回攻撃出来ればほぼ勝ちでしょう。
2つ目の勝ち手段は、ジェイスでコントロールしきることです。カウンターなどの強力なカードのバックアップでジェイスを守りきって勝ちます。
3つ目の勝ち手段は、瞬唱の魔道士稲妻で削り切ることです。稲妻瞬唱の魔道士稲妻をフラッシュバック→瞬唱の魔道士で攻撃のサイクルだけで8点分のダメージがあります。
ライフをリソースに代えることが多いヴィンテージ環境では、この1サイクルだけでも十分なダメージを稼ぐことができます。
4つ目の勝ち手段は、通電式キーTime Vaultのバルトキーコンボです。Time Vault通電式キーでアンタップして、Time Vaultを起動することで追加ターンを得ます。
このサイクルを毎ターン繰り返すことでずっと自分のターンを行うことが出来るので、その後は上述した1~3の勝ち手段のいずれかで確実な勝利を目指します。
また上記4つの手段が対処された場合にも、もう一度機会を与えてくれるヨーグモスの意志/Yawgmoth’s Willもありますから、とても骨太な構成といえます。
対戦相手は、まず無限ターンのコンボ阻止を念頭に動いてくるので、それ以外の勝ち手段やパワーカードで相手に対処を迫り、優位に戦況を進めることが出来ます。
そして、上述した4つの勝ち手段は独立してではなく複合してくるばかりか、紹介した勝ち手段は1例で、プレイヤーによって構成が違うために勝ち手段もだいぶ異なるので対処が難しくなります。
クリーチャー、プレインズウォーカー、そしてアーティファクト、それぞれ別のタイプのカードで、更にその中でも様々な種類のカードがフィニッシャー候補として選べることは強みといえるでしょう。

ヴィンテージ環境のジェイスコントロールの弱み

一昔前までヴィンテージ環境ではクリーチャーに触れるスペルはほとんどありませんでした。
しかし、ここ数年で収録されるクリーチャーの質が飛躍的に向上した結果、ヴィンテージ環境でも強力なクリーチャーデッキが出てくるようになりました。
その結果、クリーチャー対策も普通に採用されるようになったため、今では闇の腹心は昔よりも対処されやすくなりました。
コントロールはドローが命ですが、ドローソースの核である闇の腹心が除去されやすくなっていることは弱みの一つです。
通電式キーTime Vaultの無限ターンコンボも非常に強力ですが、これらは単体では特に何もしない上に、どのデッキでもアーティファクト対策は詰まれているため、そこまで信頼度の高いコンボとはいえません。
また、勝ち手段が豊富であることは、デッキがちぐはぐになっていることにも繋がっています。
この辺りの問題はコントロールデッキなので、ある程度は許容されますが、それでもその多様さが裏目に出ることも結構な頻度で起こります。
それを考慮して、勝ち手段を絞ったり、色を2色に減らしたり、逆に5色に増やしたりするなど構成を変える等、デッキ構築の腕の見せ所になりそうです。

まとめ

今回はパワー9や強力な制限カードを多用したデッキであるジェイスコントロールについて取り上げてきました。いかがでしたでしょうか。
その時のメタゲームや使用するプレイヤーの好みによって構成が異なるため、全ての範囲を網羅して紹介しきれなかったと思います。
それくらい構築の自由度があるアーキタイプなので、コントロールが好きなプレイヤーにはもってこいのデッキです。
ヴィンテージ環境を代表するデッキですから、パワー9が揃った際には、ぜひ一度組んで試してみて下さい。
そして、デッキを組む上で足りないカードはカードショップはま屋でぜひ探してみて下さいね!
それではまた次回、はま屋.NETのどこかでお会いしましょう。オサでした。

この記事を書いた人

小林(オサ)

北信地方の古参プレイヤー。本名で呼ばれることは少なく、長野勢からは”オサ”と呼ばれている。
大会よりFOILカードを集めることに執念を燃やしており、その圧倒的なFOIL資産と練習しない量は長野でもトップクラス。
ブログ「オサ日記

カードゲーム通信販売「はま屋.net」《PR》

カードゲーム通信販売「はま屋.net」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です